最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

デートの後は…

いつも行くホテルではなく、いつもの待ち合わせ駐車場から一番近くにあるホテルへ。(移動時間短縮!)

ちょっと高そうだったので、今まで行ったことなかったんですが、すごくオシャレでキレイで広くて、、、!やっぱり少し高いホテルはちがうのね✨


一時間半くらいかな、ホテルで2人きりの時間も過ごす事ができました。

いつも電気消して顔が見えるくらいの暗さですが、このホテル、電気消したら真っ暗で…

●電気つけていい?モモの顔みたいよ~

◯うん(//∇//)

いつもより明るくて少しはずかしかったけど

、私も彼の顔見たくて、目開けてキスしてました。彼はずっと目つぶってた( ´艸`)


一回終わって…

道具発見!

初体験。。。ヒヤ~!


その後もう一回彼と愛し合っている途中にアラームが。。。(;_;)


お風呂もキレイで、外の景色(少し遠目に見える山々)も見えて良い感じ。彼がせっかくだからお風呂つかろうって💜ちょっとだけどお外の景色みながらお風呂💜

彼と一緒にお風呂って、シアワセだな~(*^_^*)チャプチャプチュチュ💕


着替えてお会計したら、やっぱりいつもよりお高くてー!

●道具使ったから使用量とられたんちゃうの~

◯そんなアホな~(笑)


手紙!わたさなきゃ!……でも、ゆっくり読んでほしかったから、ホテルでも渡せなくて(一分でも時間が惜しかった)、帰りの車で渡しました。



●ん!手紙ー⤴!?ありがとう💜


手紙を読んだ彼、、、


●もしも、何かあって会えなくなってもずっとあいしてるからね💜


…手紙に、この先、介護とかでなかなか会えなくなるかも知れないし、自分が病気になるかも知れないけど…そんな事を書いたからかな。。。


◯うん。。。。。

彼は続けてこう言った

●もし何かあったり、モモが年をとって運転できなくなって会うことができなくなってもだよ。

離れていても、会えなくなってもずっとモモの事あいしてるからね。


(何度も書いているけれど、彼は病気をしてから車の運転は近所のみ。電車だと片道2時間以上かかるので車で私が彼に会いにきています。)


私の頭の中の気持ち。。。

『年をとって……私が運転できなくなって………そしたら………あえなくなって………それでも……あいしてくれる!?………うっ…なんか、切ないよ。。。

ずっとこのまま愛し合っていても、年をとったとき一緒になれているとは限らない。。。

彼の言葉が頭の中で繰り返される。。。

あえなくなっても………ずっとあいしてるからね………あえなくなっても………あいしてるからね………』


彼は時々、いつもの優しい口調で私を切なくさせる。。。

涙が出るやんか

まるでいつか会えなくなってしまうみたいやんか。。。


必死でこらえた涙は一筋流れたよ

気づかれなくてよかったよ


彼は悪い意味で言っていないのはわかってる


でも、切ないよ~( ノω-、)


こうくんの優しさは、時に愛しく、時に切ない


大丈夫です!気持ちは復活しています

涙でたのもその一瞬だけ。


彼を愛する気持ちと彼からの愛される気持ちは何年後も変わらないかそれ以上の自信はあるんだぁ。だから、いつか一緒になれることを夢見て前を向いて2人ですすんでいく。

今はそれができるだけでしあわせなんだ。

ずっと同じ気持ちでいればいつか💜💜💜



手紙は私が捨てるから返してねって言ったら、彼が持って帰って捨てるって言ってたけど、昨日聞いたら『ちゃんと捨てたよ~。一回ゴミ箱に捨てたよ。で、拾って持ってる(^ー^)』


もう~~!誰かに見られたらどうするんだろう…知らんよ( >_<)💦

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。