最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

レモンピール

あれから2ヶ月になります。

思い出さない日は一度もないけれど、

もう大丈夫だと思う事にしました!


こうくんとは週1位で会っているけれど、あの事についてお互いに話す事はありません。私はもう話たくないから。あの不安を思い出したくないから。彼は私とは違って全然不安に思ってないみたいでした。私が不安がっている事の方が心配だったみたい。


詳しくは書けないのに私を気にかけてくださった方々に感謝いたします。ありがとうございました!



………………………………………


先日会っている時、レモンピールの砂糖漬けのお菓子をカバンから出して彼に「はい(^ー^)」と渡した


●「懐かしいね~」


実はこれは思い出のお菓子✨……


私は、仕事をやめる時、職場の方用に焼き菓子の箱詰めを渡した。個人的に仲良くなっていた方には別にかわいくラッピングして渡したんだけど、彼は「普通~の仲!」だったので個別に渡しませんでした。


でも普段飴をあげっことかはしていたので、彼と一緒に仕事に入るのが最後の日、私は彼にレモンピールのお菓子を

◯「柚子の皮のお菓子好きって言ってたよね?レモンのしかなかった(笑)はい(^ー^)」

と言って、彼の仕事着のポケットにつっこみました

それにはマスキングテープを貼ってメッセージを書いていました


短い間でしたがお世話になりました!

ありがとうございました(^ー^)

◯◯◯◯ *******@ezweb.ne.jp


と、メールアドレスを書いて渡したんです


当時、短期(1ヶ月半)のお仕事の募集でそこで働いていた私は、その仕事を長期でやりたいと考えていたので、同じ担当の仕事をしていた彼に「また仕事復帰を考えた時に職場の状況とか、その担当に空きがあるか聞けるかな」と思ったんです。


◯「また、仕事復帰の時に相談させてほしくて…メールアドレス書いてるからね登録よろしくね~」

みたいな事言って渡したと思います


そしたら、次の日から彼から毎日メールが来るようになりました


お天気や、職場の様子、今日の出来事など何気ないメール。

友達?同僚?との普通のやりとりな感じだったので、堂々と家族の前で返事書いたりしていました。

でもだんだん私は彼からのメールを待つようになっている自分の気持ちに気づきます。それからは、メールの着信音を消して、メールは家族の目に入らない所でするように………

そして彼からのある一言で、私はメールをやめようか悩みはじめます。。。


当時の事を思い出して書き始めるとその時の気持ちだけでも話が長~くなってしまいます


やめとこ(笑)


てなわけで、レモンピールのお菓子は私と彼が付き合うきっかけになったお菓子なんです!ってお話。


で、彼は今でもそのお菓子の袋、を手帳に挟んで大事にとってくれているそう。そのお菓子を食べながらそれを聞いて

◯もう捨てて~!(笑) 


持っていてくれたのを知って、それは嬉しかったけど、やっぱりゴミだから(笑)

今まで持っていてくれた事にありがとう💜その気持ちにありがとう💜

こうくん💕大好き💜

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。