最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

職探し その後

アラフォーの彼が新しい仕事を見つけるのはそんなに簡単ではないだろう……

彼は身障者だから一般の人に比べてできる仕事も限られるだろう。例え彼が出来ると思っても受け入れてもらえない事もあるかもしれない。

私は彼が1ヶ月の間に平日休みの仕事を見つけて、決めて、面接通るのはそう簡単ではないと思っていた。


でも彼は色々調べて、面接を申し込んで、私と居るときに、面接の時間の連絡が入ることも何度かあった。

面接に行ってから会うこともあった。

履歴書を持って行ってから会うこともあった。

想像以上にがんばって平日休める仕事を探してくれるのが嬉しい反面、10月から会えなくなるかも知れないのに、仕事探しの為に私と会う時間が削られていくのは少しつらかった。

がんばって探してくれる姿見て、もうここまでやってくれて諦めもつくし、平日休みじゃないけどそこでいいんじゃないかなと思いはじめていた(;_;)


その日は朝9時半から面接の彼。

面接後に会うことになっていました。

面接終わった彼からメール


●面接終わったよ

◯お疲れ様(^ー^) (待ち合わせの)駅で待ってる💜

●明日も面接

◯今週は面接週間だね~(笑) 


彼が来た

◯「お疲れ様~(^ー^)どうだった?」

●「後で言うよ」


ホテル着

彼は服を着たままベッドにゴロンして、大きく手を広げた

私は彼に上から抱きついた

ぎゅーーー💜

●「モモ。10月からも会えるよ」

◯「え!?」

私はガバッと起き上がった

●「10月からも会える!今日決めてきた!最初に決まった所も断りの電話した。明日の面接も断った。今日行った□□□に決まったよ」

◯「◯◆※º†◐▲~~!!」←何て叫んだかわからないけど、彼に会ってはじめて叫んだ(笑)そして思いっきり抱きついた!

●「お給料も今よりいいし、今より通勤も近いし、土日出勤あるから平日休みもとれる!会ってすぐにうれしくて言いたかったけどガマンした(笑)」

◯「こうくーーん!」

ぎゅーーっ💜

◯「……明日面接って。。。?」

●「明日面接って言ったのは嘘(笑)」


騙された~~( ̄∇ ̄)



8月の終わり頃に彼が土日休みの仕事に面接が通って、10月からなかなか会えなくなると言われてから、複雑な気持ちで毎日を送っていました。

彼を応援してるんだけど、朝目覚めると、また10月に一日近づいてしまったなぁ(;_;)って思っちゃう日々でした。

そんな気持ちからようやく抜け出せて今はホッとしています。

でも、正直完全に不安がなくなったわけではなくて、また新たな不安。

新しい職場はどんなのだろう。人間関係は大丈夫かな。仕事はキツくないかな。ブラックじゃないかな。。。まるで自分がそこで働くかのように次々心配事がわいてきます。

どうか彼の次の職場が彼にとって良い未来へ繋がりますように。

仕事、家族、金銭、健康、恋愛(私との事💕)全てにプラスになりますようにと願っています。


落ち込んでた私に沢山のやさしい励ましのコメントありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。