最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

明日、今の気持ちをメールするよ

話を戻します。


明日、今の気持ちをメールするよ。


そんなメールがきて、私はメル友?の関係が終わってしまうのだろうと思っていた。


翌朝、メールの呼び出し音は私の心を締め付けました。コウ君からのメールは長文でした。


モモちゃんと出会え、メールができてしあわせだよ。と…

それから、出会った時の事。そして、コウ君の今の状況。シングルで子供を引き取り育てているけれど、本当に自分が引き取ってよかったのかも悩んでいるようでした。


私が思っていた内容とは全然ちがっていたのですが、私は読みながら涙が止まらなくなり、タオルで顔を押さえ、声を押さえながら泣きました。


そして、長文のコウ君のメールの4倍くらいの長文のメールをコウ君に送りました。

あ、4~5回ほどにわけてね。

メールを書き終えた時には、私は自分の気持ちを整理できたようなすっきりした感じでした。


私、コウ君の事スキだな。。。


それからも私とコウ君は毎日何気ないメール。


☆☆☆

彼)今日はお祭り。娘におこづかいいくら位渡そうかな

私)500円くらいちゃう?

彼)ゲーム一回500円位だよ

私)高!


☆☆☆

彼)足、しびれた~!

私)足、ツンツン( ̄∇ ̄)


☆☆☆

彼)電車から見える景色、スキなんだ~

私)コウ君のスキな景色、いつか見てみたい


そんな普通の会話が楽しくて♪


コウ君とこうしてつながっていたい。それで十分!それでいい!コウ君の相談相手。理解者。そうなりたい!


時々………

彼)あいたいな~。無理だけど。

私)うん。私もそう思う。


コウ君とのメールが私の日常となり

2カ月半たった頃、

私達は会う事になるのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。