最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

逢瀬①花束

彼と会えました

いつもの待ち合わせの駐車場。車の台数がぐんと減る4階で待ち合わせです。


約束の時間はいつも9:30。

私が早めについても絶対に先に着て待ってくれている。

今日も9:15に着いたのに待っていてくれた。

◯いつも待っていてくれてありがとう

だいぶ早く来て待ってくれてたんちゃうのん?

●いやぁそんな事ないよ。

モモを待つのも楽しみなんだよ

……コレ~!

◯何!!(*゜▽゜)


コウ君の手に、かわいい小さな花束🌼✨


◯えーー!うれしい💜ありがとう💜


●花束プレゼントしてみたかった~

持って帰ったらダメだよ

帰る前に捨ててよ

◯イヤだ~持って帰るよ

自分で買った事にするよ

●大丈夫?

◯大丈夫!!(^ー^)♪


コウ君がプレゼントしてくれた花束、捨てて帰るなんてできるわけないよ

持って帰って飾ってますよ

写真も撮りましたわ(^o^)

数日間、コウ君の花束を差し出してくれた時のかわいいテレた顔を思い出しながら眺めていられるわ♪

プレゼントって、どんなものでもうれしいですよね

プレゼントを選ぶ時、その時はきっと私の事だけを考えてくれたでしょう。

モモはどんな花がスキかな?

モモは何色がスキかな?

モモは喜んでくれるかな?

そんな事考えてくれたのかしら…

うれしい💜その気持ちがうれしいのです💜

ありがとう💜コウ君⤴💕


私の運転する車でいつものラブホへ向かいました


続く

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。