最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

元奥様

彼に別れた元奥様の事聞いてみた


◯ねえ…元奥さんってどんな人?

●えー!?言うの?

◯コウ君が結婚したいと思った人ってどんな人かな~と思った。


遠くを見るような目で遠くの方を見るような目で話し出した

●そやな~

自分がよければそれでいい

自分中心

自分、自分で相手の気持ちは考えない

仕事はすき

家の事はきらい

やな~

◯……そっかぁ…美人さんだった?

●美人ではないかな

◯かわいい人?

●うーーん…

◯かわいい人なんだね!わかりやす~(^ー^)

わかったー!コウ君メンクイなんだ!

●………いや、どうかな…


あ、、、私、美人でも、かわいくもないけど、そこは冗談ぽく『そう!』って言ってほしかったんだわ~(^_^;)


それより、コウ君が奥さんの事を話す時の表情、声のトーン、トークスピードが気になったわ。

表情は固い?冷たい?さみしい?。声のトーンは微妙に低く、いつもよりすこし早い口調でポンポンと話した。

あのおっとり優しい癒し系のコウ君ではなかった。

話したくない話しだったのかな…

変な事きいちゃったかな…

離婚原因とかも気になるんだけど、そういう質問はこの関係ではタブーなの?


過去あっての今のコウ君だから、過去も全部受け止めるつもりでいるのです

でも、、、、

働き盛りの30代半ばで大きな病気をしたり、離婚を経験している彼は、私には想像もつかない苦しみ、悲しみ、不安、憎しみをも経験したのかも。。。


過去コウ君を全部受け入れて包み込んで癒やしてあげたいけれど、そんな事が私なんかにできるのかな。。。私なんかに。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。