最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

どうしようかな

彼が…

これからは、ダンナさんがお休みの時は、おはようも、おやすみも、メールはやめておくね。怪しまれて会えなくなるのは嫌だよ。それにもし、バレたら悲しむのはモモの娘ちゃんたちだよ。


って、メールがきました。


さ、さ、さみしーーー(/_;)

毎日、つながっていたいのに。

おはよう、おやすみくらいはいいんじゃないかな?

メールなしの日なんて耐えれるかな、、、(T^T)


とりあえず、それに関しては一旦

スルーした私 


どうしようかな。。。


『寂しいけど了解!』としといて、がんばってみる。たえれなかったから、その時訴えるか。。。


最初から『寂しいからおはよう、おやすみはしたい』というか。。。


『こうくんがしなくても、私からはOKでしょ。私はできる時にメールするね』というか。。。


『メールなしはさみしいから無理です。メールしたいし、してほしい』っていうか、、、


どうしようかな。。。


ん!?まさか、毎日メールするのがめんどくさいわけじゃないよね?


え?えーーー!?まさか…ね?


まさかね。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。