最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

はじめての電車デートの思い出①

コウ君とのはじめての電車デートの思い出


会うようになって3カ月過ぎた頃。まだ体の関係にはなっていなくて、人目につかない山中の車の中でイチャイチャばかりしていた頃(^_^;)、どこかデートしたいね!と話していました。

お互いの知っている人に会わない街まで、電車デートをコウ君が考えてくれました。


当日…はい!と往復の切符を先に買っていてくれたコウ君。

悪いよ~!払うよ!と言ったけど、コウ君のその気持ちがうれしく、結局お言葉に甘えさせて頂きました。ありがとう💜コウ君⤴💕


待ち合わせの駅ではまだコウ君の知り合いに会うかもしれないので、2人は離れて歩き、離れた席に座り、何気ないメールのやりとり。これがまた楽しい⤴💕


何駅かすぎた時、(そっちの席へ)行くね!とメール。


そのあと隣同士💜ずーっと手をつないでいました💜窓から見える雪景色✨今でも忘れない。


片道約一時間の電車デート。

目的地の駅に到着。でも、その街には何にもないんです。

お互いの知り合いがいない街まで行きたかっただけ。そこで、どうどうと2人で一緒に居たかっただけ。

そこにいられるのも一時間ほど。

目に付いた喫茶店に入って、向かい合って座って、、、車の中では隣同士だから、向かい合わせってなんか恥ずかしかった(#^_^#)

ホットケーキを半分こ。と、コウ君はアイスコーヒー。私はホットミルクをオーダー。オーダーが終わったら、コウ君がなにやらゴソゴソとカバンからだしました。


私『何?かわいいね♪』


マリークワントの4色ボールペン。 

同じの2つ。


コウ君『何か、お揃いの物持ちたいってメールで話してたやんか。キーホルダーは無理かな~と思って、これならどうかと思って』


私『え!?(花柄だよ?コウ君も花柄?とおもったけど!)……すごいうれしい⤴かわいい⤴』


私の好みにドンピシャなかわいいボールペン。


コウ君『これだったら、使えるかな~と思って』

私『使う!使う!うれしいよ~⤴』


きっと、ボールペンを選んでいる時は私の事を思っていてくれたに違いない⤴どんなのが好きかな?とか、喜んでくれるかな?とか、そんな事を思いながらコウ君がこの花柄のボールペンを選んでくれたと思ったらうれしくてたまらない⤴💓お揃いでコウ君も使うならシンプルなのでも構わないのに、私に合わせて花柄!って、、、コウ君⤴💕かわいすぎるぅ💓


このボールペンなら日常で使えるから、いつもコウ君を感じる事ができるんです。

会えなくてさみしくなった時も、これを見るとキュン⤴💕と心が躍るのです。

まさに、今!2カ月近く会えないのでね。このボールペンは私の心のお守りになっております。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。