最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

メールが少なくて…… その後。

メールが少なくて……


そんな事つぶやいていましたね


コウ君から

メールのくるはずのない時間帯に


メールごめんね(>_<)

あいたい💜あいたい💜あいたい💜

あいしてる💜あいしてる💜あいしてる💜

モモ⤴💓モモ⤴💕モモ⤴💕モモ⤴💕💜💜💜💜💜💜💜💜💜ぎゅ~~~💜💜💜💜💜チュッ💕チュッ💕


だって~~。

なんだ~~コウ君もメールガマンしてたんだね(#^_^#)


私の思いとコウ君の思いに温度差があるのかも………なんて、ちょっとさみしくなったりしてたけど、そんな事なかった⤴


メールうれしかったよ💜

私本当はさみしくなっていたよ。

  …中略…

気持ち伝えたくなったら、ガマンしないでメールしていい事にしませんか。

  …中略…

コウ君も思った事言ってね。

2人がいつも笑顔でいられるように、どうしたらいいか色々話し合って一緒に私達の答えをみつけていこうね。


そんな感じの話しを少々長文で送りました。


それに対してコウ君からそうしようとか、やっぱりダメとか、直接的な返事はなかったけど、くるはずのない時間に甘~いにメール💜がきました


それが返事だね(^ー^)


またトロけた~(//∇//)

コウ君⤴💕大好き💜

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。