最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

いいか?悪いか?ではなく、どうしたいか?……会いたい!

2人の会いたい気持ちが押さえられなくなった。

会いたいね~ダメだけど。

会いたいね~無理だけど。

お互いが、お互いの家族の事を思って、ずっと一歩ひいていた。一歩ひいていた思いはコウ君のほうが、強かったかもしれない。と、私は少し思っている。。。


それと、2人とも、恋愛経験があまりなく、どんどん思いを口に出して言えるタイプではない。それが、私には調度良かったと今思う。


おかげで、いっぱいいっぱい色々考える時間があった。

いっぱいいっぱい考えて2人は会う選択をした。


考えたら、会わないでしょう!会ったらダメでしょう!と言われるかも知れない。


正直、世間でいう『不倫』という関係になるのは怖かったし、私はそういうの最低だと思っている側の人間だったから、本当に悩みました。会ってはいけないと思ったし、

でも会いたいと思う自分は最低だと思った。苦しかった。

でも、私はいいか?悪いか?ではなく、自分はどうしたいか!?だと思った。

………会いたい!


ただ、会いたい。コウ君にあいたい。


その思いが現実となり、メールを始めてから約3ヶ月後、、、再会しました。


再会してから今に至りますが、後悔はしていません。


愛する人に出会え、愛して、愛されて、お互いに愛し合っている。それがどれだけしあわせな事か知りました。


不倫て、遊びだと思っていました。でも、自分は、不倫でも真剣に恋愛しています。私だけじゃなく、他の方のブログを読んで、沢山おなじ思いの方がいると知りました。

また、私の幼稚な文章を読んでくださる方がいる事に驚きですが、きっと、読んでくださる方も同じ境遇、同じ思いの方がいらっしゃるのでは……と、少しうれしかったりもします。


秘密の恋の備忘録は、コウ君がとてもやさしくて、その言葉や、してくれた事、その時の私の気持ち、忘れないように残しておきたくてはじめました。

メールは万が一を考えて削除するようにしているのでね。


忘れたくない思い…マイペースで綴っていきたいと思います!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。