最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

お泊まりデート②(お部屋デート)

お部屋についたのは15時くらいだったかな。


●「本当にお泊まりできるんだね😆」

こうくん、すごくうれしそう

◯「そうだよ😊」

私の方が落ち着いてる(笑)


それから~

●「お泊まりだよね💜」

●「本当お泊まりだね💜」

●「一緒に寝れるね💜」

こうくんはそのシアワセを確認するように事あるごとに 何回も何回も言ってたな(*^_^*)💕

そういうところがたまらなく愛おしい💜


いよいよ寝ようかという頃

◯「今日は一緒に寝れるんだね(*^_^*)💕」と私が言うと、彼はニッコリ頷いた。

私は彼にくっいて寝た……


でも。。。彼に異変が。。。何これ?病気の後遺症?こうくんの足が痙攣?してるみたい。

気持ち良さそうに寝てるから大丈夫なはず……くっついていた体をこうくんが目を覚まさないように、そーっと離し、心配と不安な気持ちでしばらく彼の顔を眺めていた。

ずっとくっついて寝ようねって約束してたのに、離れちゃってる……そう思うと悲しかなった(;_;)

こうくんには、私から離れたってヒミツ。


朝、目が覚めてキスをした

その瞬間、すごく心が満たされた


お泊まりできちゃったね💜

と、私はとても感慨深かった。

こうくんは「想像してたのとはちょっと違った」と。「寝ないでもっといっぱいするつもりだったけど、寝てしまった💦」と(笑)……どんな想像してたんだ😂


お泊まり……

ついこの間まで、そんな事できるのは遠い未来だと思ってた。夢みたいな事だったのにできちゃった。


DVDを一緒に見たり、Mステ見たり、愛の確認もして、カラオケも歌った。

何これ、楽しい😆💕


ずっと一緒にいて、ドキドキワクワクもするし、すごく自然な感じもした。ただただ隣に彼が居てくれる事がシアワセだなぁと思えたお泊まりでした💜


12月のお泊まり以降はお互いに都合が合わなくて、特に私の方が忙しかったのもあって思うように会えなかった。

1月は彼の休みが少なく、唯一の平日休みの日は、私のダンナ都合で会えないかも😱

そんなこんなで、しばらく会えてないし、会う予定もたたないけど、私の心は彼への思いで満たされている。

今何してるかな💜大好きだよ💜愛してるよ💜早く会いたいよ💜そんな事ばっかり考えてる😆💕


彼に早く会えますようにー!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。