最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

あ~夏休み

夏休み。

昨年は夏休み前の学校の短縮授業~夏休み明けてしばらく、2ヶ月以上会えなかった。メールと数回の電話でなんとかのりきったけれど私は何度も会えない寂しさに押しつぶされそうだった。


今年ももうすぐ夏休みだと思うたびに気持ちが下がってる。でも、彼に会える日は元気!会えるってだけで笑顔(^ー^)✨


お部屋で過ごし沢山愛してるって言ったし、彼も言ってくれた(^ー^)


バイバイする場所は人通りがあるから、その少し前で彼が『ここで車止めて。キスしたい』って言ってくれてキス💜『もう一回』と言わないけど目でもう一回をオネダリすること数回。


来週はもう娘ちゃんの短縮授業だから会えない。会えないかも知れない長い夏休みに入る(T^T)………そんなブルーな気持ちがまた湧いてくる。いかんいかん!隙間時間見つけて夏休み会いたいって言ったら『そうだね』って言ってくれた!だから大丈夫(^ー^)


◯『愛してるね』『愛してるね』『愛してるね』

彼がドアを閉めるギリギリまで笑顔で『愛してる』って言ってた私。

降りる時はいつも人目を気にして『じゃあね』の後は振り向かない彼。

ドアを閉める時、彼はこっち見て目で何か言ってくれたよう……

●『愛してるよ』

そう心で言ってくれたのかな


家についたらメールが来ていた

●『モモ、何か不安だったかな?今日、僕から愛してるってあまり言ってなかったね。僕はモモを愛してるよ(^ー^)💜』


……違うんだぁ。もうすぐ夏休みで会えないと思ったら、『愛してる』って言わずに居れなくて、私からついつい言っちゃってただけ。こうくんもいっぱい愛してるって言ってくれてたよ。気にかけてくれてありがとう💜


続けてもう一通メールがきた

●『8月◯日はどうかな?』


……え!?こうくん、いいの?約束できるの?

たぶん、無理になる可能性は大だ。まだ娘ちゃんの予定も元奥さんの予定も、私のダンナの予定もわからない。

でも、会おうとしてくれている彼の気持ちがうれしくて……叶わないかもだけど、約束ができた事がうれしくて……胸がいっぱいヽ(;▽;)ノ


私の不安やさみしい気持ち、感じて何とかしようと思ってくれるんだね(;_;) 笑顔で過ごしていても何故かバレてる(>_<)


彼の優しさを感じて

いつもワガママでゴメンナサイ。

そして、大好きだよ💜あいしてる💜 


そんな気持ちで溢れた1日でした(^ー^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。