最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

元気でたかな(^ー^)💓

前記事の続きです。


ホテルについたら

彼が………

優しいんだ💕いつもだけど(*^_^*)

それにずっとがんばってくれるのがわかる。


もう、ずっと抱き合っていたかった。

つながったら、抱き合ったままそのまま動かなくてイイからずーっとつながっていたかった。。。

Hの休憩の合間はいつもより楽しい感じで話していた。

彼が買ってくれたソフトクリームアイスを体に塗ってナメて遊んだり(^ー^)


帰りのバイバイの場所が近づくといつも私が言う言葉

◯『ヤダ!もう着いちゃうー(>_<)』

そしたら彼が

●『いつもはそう思うけど、今(2月)はまたすぐ会えるからさみしくないよ(^ー^)』

(こういう風に考えてごらんよって言ってるみたいだった)


バイバイの後、一人で運転しながら帰る途中、彼に言われた事(※今は私の心の中に収めておきます)を思い出して、

私はどうすればいい?(;_;)

一人で(/_;)シクシク

それと今日は彼に無理させた~(>_<)って

落ち込んだ⤵(;_;)


いやなんだ。彼とのことで悲しくなったり、つらい思いしたくないんだ(;_;)

彼との事は全部笑っていたいのに……


そんな事考えてたらメールがなった。帰る途中にメールなんてはじめて。なんだろう。何かあった?忘れ物したとか?……ちょうど信号待ちでメール見た


●『元気でたかな(^ー^)💓』


私が動揺してるの気づいてたんだ。

私に元気くれるために、今日一緒にいてくれたんだ。そばにいてくれたんだ。

涙が溢れ出てとまらなくなった

ヤダもう~何でそんな優しいの

。゜(゜´Д`゜)゜。



続く。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。