最後の恋の備忘録

不倫なんて最低!と思っていた私が…。
彼がくれた言葉。優しさ。気持ち。忘れたくない。。。
秘密の恋の備忘録です。

ワガママを言う私と優しい彼

2月に入ってから、ちょこちょこ会えてます。

数10分ばかりだけど^^;会えてる💜


昨日、私が『(休みだけど)明日は会えないんだよね~』と明るく言ったら

●『用事の前に少しだけど会う?』

って言ってくれた。

思わず顔を両手で隠した。

●『どした?』

◯『うれしさが隠せない( ´艸`)💕』

●(^ー^)『少しだけだけどね。(駐車場で車の中で)手を繋ぐ事しかできないよ』

◯『うん(*^_^*)💕』

どうやら……休みなのに会えないのはさみしかったのが彼にはバレていたみたい^^;


なので、今日は彼の優しさのおかげで時間作ってもらえて会えました(^ー^)


少ししか会えないから、できるだけ早く家を出ました。


会えた彼に提案しました。

昨日の夜、どうしたら少しでも長く一緒にいられるか考えてました


◯『今日一緒に◯◯について行って、時間までぶらぶらしよ。コーヒー飲む時間位ないかな?』

●『2人で◯◯は歩けないよ』(←誰かに見られる)

◯『そっかぁ。一緒に歩くの無理か』

撃沈⤵(;_;)。

しょうがないね(;_;)諦めて予定通り駐車場にむかった。

その途中、彼が言ったある事で私は動揺した。でも普通に話を続けて、駐車場に到着。

※あること、は今は私の中に収めておきます。。。


駐車場で後部座席に移動して

ぎゅっとしてもらって💜話しの合間にちゅ💕

いつもどおりラブラブです💓

●『なんかさみしそうな顔してる』

◯『えー?そんなことないー(^o^)ちゅ💕』

動揺がバレてる?イヤイヤバレてないでしょ?いつものようにニコニコしながら彼にちゅ💕ちゅ💕をした。


でも……本当は彼の言った事が頭から離れない。゜+(。ノдヽ。)゜+。

彼に用事があるのはわかっていたけど、私はこの気持ちのまま、もうすぐ彼とバイバイする事ができない(>_<)と思ったら、言ってしまった(+_;)

◯『今からホテル行くのダメかな?』

(Hしたいわけじゃない。一緒にいたい!その気持ちだけだった)

●『ホテル行きたいの?』

◯『うん…』

●『いいよ。行こう』(^ー^)優しい笑顔だ

◯『用事…いいの?』

●『いいよ』


私はダメだ(>_<)

ワガママ言いすぎだ(>_<)


ホテルに行く途中

◯『用事なのにごめんね』

◯『ダメな時はダメって言ってよっ(≧◇≦)私ワガママになってる!』

●『うん。僕はダメな時はダメって言うから大丈夫。僕ガンコだからね~』


彼に無理させてないかな?

本当は困らせてるハズ(>_<)

本当に私でいいのか?と思ってしまうけど、私が、彼じゃなきゃダメなんだ!

。゜(゜´Д`゜)゜。ウェーン

心で泣いた。


長くなるので、続く。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。